カテゴリ:ピアカウンセリング( 2 )

 

ゆるす。

相談を持ち掛けてくる人の大半は、自分や自分を取り囲んでいる環境に怒りを抱いている。

d0030168_6434739.jpg


そもそも全て思い通りに来ていたら病気になるような人生を送ってきてはいない訳で、まずはその自分自身をゆるす事から始めないと環境は絶対に変わらない。

病気になった経緯が違う以上、回復の課程もその手段もその人の数だけ存在するけど、最初の一歩だけは多分同じだ。

俺は徹底的に自分をゆるす!w
[PR]

by Elnur | 2009-04-17 06:43 | ピアカウンセリング  

治療の妨げ。

自分を含め、ほとんどの精神疾患を患った人間にとって一番の
治療の妨げになるものは、多分見栄とかプライド等の類だ。

異常な状況下でなんとかバランスを保とうと無理を重ね、それが
あたかも平静であるかのように装い、結果どうにも取り繕いようの
ない程にまで追い込まれてしまう。

けれど、「まだ自分は平気だ」と見栄を張る。
誰にも迷惑を掛けたくないと、いらない「プライド」を持ち続ける。

同じ精神疾患を持った人間でも、共感はできたとしても完全な理解は
不可能で、発病の原因が違えばもちろん過程も違っているし、治し方
もその人の数だけ存在する。
が、自分だけの力ではもうどうにもできない状況になっているのにも
関わらず、ほとんどの人がまだカッコつけようとしている。

とある人が障害者手帳を持ったことで、これでキ○ガイの仲間入りだと言っていた。
俺は、「いらないならくれ!!!」と言ったw

まるで、酔ってるのに「俺ぁ全然酔ってないよ!」と言っているような気がしたと
同時に、過去に自分にもそういう時期があったことを思い出してしまった。

自分にもまだ治療の妨げが残っているなら、ぞれは全部捨てていかなきゃいけない・・・。

と、またひとつ勉強になりましたとさ!
めでたしめでたしwww
[PR]

by elnur | 2009-03-19 19:58 | ピアカウンセリング