コーヒーとかりんとう

部屋でコーヒーを飲んでたら、ムショーにかりんとうが食べたくなった
ので出かけたものの、結局かりんとうは食べられませんでした。

原因は色々あって、まずコンビニに向かう途中に様々な誘惑が。
俺は戦いを好みません、ハナっから負けます。

セレブに誘惑された。
d0030168_23192936.jpg


野方ホープの背脂の香りにも誘惑された。
d0030168_23205463.jpg


関係ないけど歌舞伎町にいた人。
d0030168_23212780.jpg


ピア・カウンセリングをしていると、どうしても切り離せない問題があるんですが、
それは「依存」と「怒り」です。

依存に関しては、最近若い人の間も自傷癖を持っていたり、幅広い年代に渡って問題になっているアルコールやギャンブル等様々ですが、薬物等は決して極端な例ではなく、依存の過程と結果がどれもほとんど同じで、人間関係が壊れる怖い病気です。
日本ではまだそれほど問題視されていませんが、欧米ではもう「ネット」も自助グループが存在するまでに至っています。

クライアントさんにもいつも話しているんですが、依存は「やってはいけない病気」ではなく、「やってしまう病気」です。

で、ここで出てくるのが「怒り」で、それが他者に向けられたり、あるいは自責の念となって果てしなく自分を卑下してみたりする。何がいけないかというと、これが一番良くない。

最後に待ってるのは希死念慮だったり、消滅願望だったり、結果的に命に関わる問題になってくるのは言うまでもありません。

自分ももちろん依存症者で、気分障害という立派な病気を持っていますが、なんとなくでも他者や自分を許せるようになることが、本当に自立できる時なんだと思います。

急がば回れっていうから、ぐるんぐるん回り道しまっす。
ラーメン食べにいくつもりで出かければ、かりんとうが食べられる気がしてきた!
[PR]

by Elnur | 2008-09-23 23:44 | いろいろ  

<< ハチクラ 続・猫ストーカー ~訴える人々~ >>