宝典ここにあり

なんというか…。
自分で理解していたのは、ただ、猫が好きだということだけだったということが、この本を読んでわかった。

d0030168_17394393.jpg


もし自分の葬式をやってもらえるなら、この本も一緒に棺に入れて欲しい。


先生には、是非とも猫股になっていただきたい。

d0030168_17394441.jpg

[PR]

by Elnur | 2009-08-25 17:39 | いろいろ  

<< CHO-GEN-BO! 残暑お見舞い 2 >>